埋葬プランをどうするか

納骨堂は一般的な屋外型埋葬方式よりも、比較的費用を安く抑えれると言われています。一番最安料金であれば5万円くらいから納骨堂を利用する事は可能ですが、永代供養や管理面などが含まれない事になりますので、一通りの内容を考慮すると最低でも50万円前後くらいは必要だと認識しておきましょう。それでも一般的な墓石型埋葬よりはかなり低料金で済みますので、経済的に余裕のあまりない家族にとってはありがたくお手頃な方法だと言えるでしょう。しかし中には納骨堂の定番的な埋葬方法に味気無さや罪悪感を抱く人がいるのも事実です。特にコインロッカー式の埋葬というのは、どうしても事務的でドライな印象があるのは否定できません。気にならなければ問題無い方法ですが、最近の納骨堂ではそういったニーズに対応してロッカー式以外の埋葬場所を提供してくれているのです。ロッカー式よりも少し豪華となっているのが仏壇式です。これは言葉通り納骨堂施設内に仏壇を作っている方式で、味気ないコインロッカーよりも値段はかかりますが、格段にプレミアム感が増す装飾となっているのです。そして仏壇式よりもしっかりと作られているのが従来の墓石式です。これは納骨堂内に墓石を立てるという従来式とほとんど変わらないやり方なので、故人の弔い方としては文句の無い豪華さだと言えるでしょう。ただその分墓石代と土地代がコインロッカー式などよりも高くなりますから、よく考えてから選択するようにしましょうね。納骨堂は費用を抑える事も豪華にする事も自由です。家族と相談しながら、最も満足度の高い方式を選んでいくようにして下さい。